読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国生まれの居酒屋 風月のブログ

高知県南国市大そね甲1563-9 1F ご予約:088-864-5780

吉川、宇佐、土佐清水、あなたはどのさばがお好き?

甘くてコリコリのきんとき金目。いまが旬! うま味の強い魚として評判です。 きんとき金目刺身 980円 風月では本当に美味しい土佐のさばを食べていただくために、吉川、宇佐、土佐清水の港からその日の水揚げによってさばを仕入れています。宇佐と土佐清…

花見には欠かせない◯◯◯◯蟹! 新物続々、沖ニロギにイタドリ

東北から活のまま入荷したトゲクリガニ。ちょうど花見の季節に最盛期を迎えることから桜ガニとも呼ばれ、青森ではお花見に欠かせない蟹なのだとか。「花見でカニ?!」 と思わずびっくりしてしまいますが、こちら高知にも「道端で宴会?!」「ウツボ食べるの…

土佐の珍味は最高の酒のアテ!小いか、うつぼ、ほうぼう鳴き袋、にら etc.

朝どれの菜の花とうどをサッと湯がき、ぷちぷち食感のほたるいかと一緒に酢味噌でさっぱりと。春を呼ぶメニューです。 ほたるいかと菜花うど酢味噌 480円 外洋の岩場で育った赤なまこ。磯の風味たっぷり、コリコリの歯ごたえが最高! 赤なまこポン酢 58…

深海から宇宙まで、面白い食材を南国土佐の風月で!

ちょっと珍しい深海エビ四種をお寿司にしてみました。左から、あかざ海老、光ちひろ海老、ぼたん海老、腰折海老。どれも美味しいエビですが、こうやって食べくらべてみると歯ごたえや味の違いがわかって面白いですよ。 深海エビだョ! 全員集合寿司 980円…

初物づくし! 土佐の幸を楽しむ鍋と小鉢料理

40年ぶりの大寒波は収束に向かっているそうですが、ここ南国土佐ではしび凍る寒さが続いております。 こんな寒い日は熱燗と風月名物「おふくろ山芋鍋」でほっこり温まる晩酌がおすすめ。自然薯、葉にんにく、軍鶏、素麺の素朴な食材で作る昔ながらのあった…

地味だけど…… 店長が唸った星取りメニュー! 水たこ、つるむらさき、煮貝

こいつはうまい度 ★★★ 北海道の水蛸を半なまに炙って塩たたきで。メニューにあったらぜひ食べて欲しい! 風月名物 北海道 水たこ塩たたき 880円 こいつはうまい度 ★★★ ぬるぬる・つるっと美味しい葉野菜。栄養たっぷりのつるむらさきは土佐和えでさっぱり…

伊勢海老、あかじん、ケンカシャモ! 夏の南国で軍鶏をつついて龍馬さん気取り

決して伊勢海老専門店ではないのですが、盛り付けた時の見栄えがいいのでついブログのトップに載せてしまいます。生け簀からあげたばかり、活締めの捌きたて。ぷりっぷりで甘〜い伊勢海老のお刺身です。 伊勢海老刺身 1680円同じお値段で 海老フライ、マ…

トビウオの刺身にあわびのフライ、夏のビールのおともはこれで決まり!

トビウオの中でも美味と名高いアヤトビウオ。身に水っぽさがないもちもちの歯ごたえと、淡白ながら強い旨味が特長です。広げた羽(胸びれ)の水玉模様が涼しげですね。透明感のある夏らしいお造りになりました。 土佐どれ あや飛び魚刺身 380円 どどんと…

ハガツオの新子が入りました!

いや〜 夏ですね〜。高知の夏といえばモチモチの新子。これからいろんなお魚の新子が入ってきます。 旬の食材は大抵なんでも美味しいものですが「新子」と聞くと妙にウキウキしちゃうのはなぜでしょう。カーンと暑く、エネルギッシュな夏の記憶と結びついて…

風月の夏メニュー! あつあつお肉とひんやりつけ麺、どっちがお好き?

茹でなくても朝日のように赤いから「朝日蟹」だそうです。茹でたらさらに真っ赤っか。胴体にたっぷり身がつまってうまいですよ! 土佐どれ アサヒガニ塩ゆで 1280円 土佐の名物、うちわ海老(上、下左)と大うちわ海老(下右)。「大うちわ」より「うち…

海の幸、里の幸、ぜ〜んぶ土佐どれ! 地産地消メニューあれこれ

前回の記事からすこし間が空いてしまいました。 それというのも、雑炊用のカニを獲りに皆でベーリング海へ行っておりました。北極圏の氷点下の海で、荒くれ者の船員達と500キロの鉄カゴにかかったカニをちぎっては投げ、ちぎっては投げ、時に10メートル…

初夏の高知野菜と路地育ちの軍鶏、文旦、なつかしい味

最盛期のスナップえんどう。コロコロに太ったさやをさっと塩ゆでにすれば、初夏の息吹を感じる爽やかなおつまみに。 ビタミン、βカロテン、カリウム、食物繊維が豊富なので、野菜不足になりがちな居酒屋ごはんに一品プラスすると健康面にもうれしいですね。…

蟹に貝、海鮮あれこれと土佐の郷土料理(クジラ、にら、はちく、イタドリ 他)

風月ではこの春から初夏にかけて、日本各地のカニ推し月間でした。 花咲がに塩茹で 1480円松葉がに塩茹で 1480円 内子が絶品! イバラガニの塩茹で 1480円 飲み放題付き6000円コースのお料理から、たけのこの土佐煮、イタドリの土佐煮、刺身…

風月のお寿司特集!

ちょっと飲みすぎたあとでもさっぱり食べられます。野菜の浅漬け寿司。 かつお、にんにく、酢飯はほんとうに好相性ですね。高知に来てはじめて食べた土佐巻の味に感動して、見かけるたびに注文していたのを思い出します。 こちらは変わり種の土佐手巻き寿司…

四月上旬の入荷情報、伊勢海老ほか

まずは百均のカゴに入れられて「わたしお高いんですのよ」と不満げな伊勢海老さんから。今月の生け簀にはほかにも…… 恐ろしげな見た目のイバラガニと、テングニシ貝に アオハタ、ヒラメなどが入っております。 室戸の漁師さんこだわりの金目鯛も、季節柄最後…

北海道から高知まで!紅ずわい、ほたて、まんぼう、ひげにんにく

三寒四温という言葉がありますが、春らしい日差しに気が緩んで薄着になったとたん夕方のつめたい風にふるえたりして、ニットの上着を出したり引っ込めたりと落ち着かないこの頃です。 鍋を囲むにはちょっと暑い、でもつめたい料理ばかりじゃ身体が冷えそう………

3月中旬の入荷情報

いやあ、舞ってますね…… 花粉。みなさま目や鼻の具合はいかがでしょうか。わたしは毎日陸の上で溺れています。(フガフガ) すまがつお、こしょうだい、ことひき、ひげだい、あおりいか、赤えび。 彼ら海のなかの生き物は一生花粉に悩まされることはないので…

いつまでが新年会?

新年会シーズンもたけなわです。 年末の忘年会と違って、いつ頃までに開催するべきかいまいちわかりにくい新年会ですが、一般的には1月中、遅くとも旧正月の2月19日までなら「新年会」と呼んで差し支えないのだそうです。 ということで南国近郊のお客さ…

風月のほこほこあったか居酒屋ごはん

小学校の給食を彷彿とさせるビジュアルですが、中身はしっかり大人味のホイル蒸し。ふっくらとやわらかい四万十鶏をメインに、肉厚のエリンギ、えのき、ピーマン、パプリカ、豆もやしを、香りのいい発酵バターで蒸し焼きにしました。 こちらはほくほくあま〜…

ビタミン豊富なお肉料理で美味しく健康に

この一週間、寒暖の差が激しかったせいか鼻風邪をひいてしまって、熱はないもののなんとなく体調がすぐれませんでした。 みなさんは風邪をひいたとき、どんなお食事を取られますか? お腹の調子が悪ければ消化にいいおうどんやお豆腐、脂肪分のすくない鶏肉…

お鍋の季節がやってきた!

霜秋とは名ばかりの陽気が続いておりましたが、このところの雨でようやく霜月らしい寒さが押し寄せて参りました。こうなると俄然おいしくなってくるのがお鍋ですね。 こちらは歯ごたえ抜群の霜降りひらたけと山えのきを使った「クエ鍋」。高級魚クエの脂がの…

赤岡の釜茹でシラスで作るサラダ、アヒージョ、ほか二品

赤岡が主な産地の「釜揚げしらす」。高知では一般的にシラスといえばこの柔らかい釜揚げしらすを指します。口語では「おじゃこ」と呼ぶことも多いですね。固く乾燥したいわゆる「かちり(ちりめんじゃこ)」と違って、うす塩のやさしいお味と、ふわふわもち…

野菜で呑む! アテになる居酒屋野菜料理 四品

ハリウッドのレストラン・オーナー、ロバート・H・コブが作ったまかない料理が発祥のコブサラダ。ランチの付け合わせなどでよく見る葉物野菜withドレッシングとは一線を画す、いわゆる「お食事サラダ」の代表格といったところでしょうか。 コブ氏のレシピを…

風月流いもたこなんきん

江戸時代の昔から、女性が好むものとして有名な「芝居浄瑠璃いもたこなんきん」という言葉があります。今っぽくいえば「女が好きなのはコンサートに映画、ほんでシーフードとスイーツばっかり食べよるで」くらいの意味でしょうか。 それは現代でもあまり変わ…

さりげなく美味い小鉢料理四選 亀の手、白和え、あん肝、にら梅肉

磯の珍味、「カメノテ」が入荷いたしました。 昔は専門の漁師が巻き網で大量捕獲していた亀ですが、昭和期の乱獲によって天然物はすっかり数が減ってしまったそうです。 今回は近隣の小学校で飼っていたミドリガメを特別に譲っていただき、店長がウィキペデ…

天ぷらだョ!全員集合 松葉の唐揚げと土佐ぬたもあるよ

金目鯛、小なすのイトヨリすり身詰め、万願寺ししとう、伏見甘長とうがらし、ふろう豆、うりずん豆、にんにく大葉つつみ、おくら梅肉、えりんぎ、煮炊きごぼう…… 以上、十種の魚と野菜を天ぷらの盛り合わせにしてみました。 岩塩か天つゆ、お好みの味でお召…

高知の秋を彩る四方竹の煮物二品と生だこのたたき

高知の秋を代表する食材 四方竹が、今年も白木谷から届きました。 原産は中国だそうですが、そのむかし白木谷の某人が中国南部から持ち帰って以来、国内での四方竹の生産は高知県がほぼ独占しております。 きめ細かい繊維のしゃきしゃきした歯ごたえと、筍ら…

隣の客は秋なす食う嫁だ

秋なすの盛りも終盤を迎えております。 高知はナスの生産量が全国一位なのだそうです。そういえばウン十年前にそんな勉強したような、ええと、通年温暖な気候を利用したビニールハウスでの促成栽培だっけ? となつかしく思い出しました。 そんなナス王国高知…

パリッ、サクッ、じゅわ〜 でハズレなし! 揚げもの料理三品

おだしとお醤油、みりんの味がしゅんだ細切りのごぼうをカラッと揚げて『煮炊きごぼう天』。これから寒くなる季節にぴったりの心なごむお料理です。 ビールや焼酎のロック、日本酒なら冷やでも熱燗でも! クリームチーズを春巻の皮で巻いて、手でつまんで食…

「はしり」のクエでにぎり寿司&ピーマンのお料理2選

旬に先駆けて、小ぶりのクエが入りました。 ほかの魚がクエ(食え)なくなるほど美味いと言われるだけあって、コリコリした白身の歯ざわり、淡白ながら上品な味わいはさすがのひとことです。 これからもっと寒くなり、本格的な旬の時期になれば、脂がのった…

二日酔いに効く「ねばねば」料理三品

昨日はひさびさのお休みをいただいて、夜は家族と食事に行ってまいりました。ふだんはなかなか全員で食事をする時間がとれないので、とても楽しい時間を過ごすことができました。 楽しいといつもよりお酒がすすんで、つい飲みすぎてしまいますよね。そして翌…

”産地”三様、こだわりの素材をシンプルに味わうお料理

県外のかたにはピンと来ないかもしれませんが、実は東西に長い高知県。中部の南国市はまだ各地へのアクセスが容易なほうですが、それでも西側の四万十にたどり着くにはかなりの時間が必要です。 そんなわけで、じかに見たいと熱望しつつもいまだ叶っていない…

いまが旬、高知産の野菜をじゅわっと揚げて召しあがれ

れいほく育ちのマコモダケ。まるできのこみたいな名前ですが、正体はイネ科の植物「マコモ」のふくらんだ茎の根もとのこと。農業県の高知でも知る人ぞ知るめずらしいお野菜です。 柔らかいたけのこに似た食感と、お芋のようなほのかな甘みが特徴のマコモダケ…

食欲の秋に食べたい、栄養満点! ヘルシーおつまみ2選

きょうのご紹介、一品目はこちら。シャキシャキの玉ねぎとパプリカを粗みじんに刻み、柔らかい肉質の若鶏と香ばしいカシューナッツを中華風に炒め合わせました。 いっきにかき込んで食材ごとの歯ごたえを楽しむもよし、ちびちびつまんで間を持たせるもよし。…

あわつる、はいりました - 土佐鶴の発泡清酒でかつおのたたきを食べる

高知の居酒屋でこのメニューを置いていない店はあるのでしょうか? かつおのたたき。厚切りのかつおに薄く刻んだにんにく、大葉、赤玉ねぎ、青ねぎ、みょうが、りゅうきゅうを添えて…… ではなくワサッと豪快に「盛って」、柚子ポン酢を直接回しかけていただ…