読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国生まれの居酒屋 風月のブログ

高知県南国市大そね甲1563-9 1F ご予約:088-864-5780

風月流いもたこなんきん

f:id:nankokufugetsu:20151023000446j:plain

江戸時代の昔から、女性が好むものとして有名な「芝居浄瑠璃いもたこなんきん」という言葉があります。今っぽくいえば「女が好きなのはコンサートに映画、ほんでシーフードとスイーツばっかり食べよるで」くらいの意味でしょうか。

それは現代でもあまり変わってないようで、今回は風月でも女性客に人気の「いもたこなんきん」メニューをご紹介します。

まずは室戸育ちのさつまいも、よさこい金時をフライドポテトにした「よさこい金時 さつまいもスティック」。ほくほくに揚がったおいもにほどよい塩気があとをひきます。女性のみならず、いも天や芋ケンピ好きの高知人には迷わずオススメのひと品です。

 

f:id:nankokufugetsu:20151023000031j:plain

大きめのぶつ切りにした北海タコとにんにくの芽を炒め、塩こしょうとレモンで。硬すぎず適度な弾力のタコを口いっぱいに頬張って、モグモグ食べてくださいね。

 

f:id:nankokufugetsu:20151023000122j:plain

こちらはちょっとめずらしい食材の「バターナッツかぼちゃ」をメインに、にんじん、玉ねぎ、とうもろこし、山えのき、寒たけ、四万十鶏とホワイトソースを加えてオーブン焼きにしたグラタンです。

フルーティであま〜いかぼちゃと、やわらかくてジューシーな四万十鶏は相性抜群。寒くなるこれからの時期、ますます美味しくなるメニューです。

 

f:id:nankokufugetsu:20151023000133j:plain

「いもたこなんきん」のついでにご紹介するのは、こちらも人気のシーフード、「たびえび」で作った海老マヨネーズです。大ぶりでプリプリのたびえびを揚げて、甘酸っぱいマヨネーズソースで和えました。おなか側の殻をカリッと揚げた「腹皮せんべい」も添えて、お酒のお供にもぴったりです。

 

 

今回掲載のお料理 ※ 仕入れにより価格変更、ご用意できない場合もございます。

よさこい金時 さつまいもスティック』380円

『北海だこブツとにんにくの芽炒め』480円

『れいほく育ち バターナッツかぼちゃと四万十鶏のグラタン』680円

『たび海老マヨ』480円