読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国生まれの居酒屋 風月のブログ

高知県南国市大そね甲1563-9 1F ご予約:088-864-5780

人生色々、刺身も色々

f:id:nankokufugetsu:20160112142031j:plain

先日の金目鯛と一緒に仕入れた黒そい(そいめばる)。立派な姿盛りになって旅立って行きました。

 

f:id:nankokufugetsu:20160112141947j:plain

こちらはまぞい。またの名をきつねめばるとも言います。なかなか味のいい北のお魚です。

 

f:id:nankokufugetsu:20160112144110j:plain

見た目のインパクト大! たちうおの姿刺し。この細長〜いお魚をきれいな姿盛りにするためのいちばん重要なポイントは、たちうおが乗る長い皿をみつけることだそうです。

ちなみにこのお皿、もとはバラした酒樽の一部だとか。

 

f:id:nankokufugetsu:20160112144157j:plain

そして新しく入荷したのがこちら。すまがつお、こち、こう貝、黒むつ、白むつとバラエティに富んだ面々です。

 

f:id:nankokufugetsu:20160112150326j:plain

まずはお造りから。脂ののったすまがつおは、仏手柑をしぼったお醤油をちょちょいとつけて食べると、モチモチの食感と脂のうまみが口いっぱいに広がります。

にんにくのピリリとした辛味も、とてもいいアクセントです。

 

f:id:nankokufugetsu:20160112145652j:plain

もちろん皮ごと香ばしくあぶったたたきも最高! かるく焼かれて締まった身の歯ごたえがまた満足の食べごたえ。

 

f:id:nankokufugetsu:20160112171059j:plain

ちょっと盛り方を変えてこんなバージョンも。

なぜ同じたたきで時々盛り方を変えるの? と店長に理由を尋ねてみましたが、チャネリングが不調でちょっとなに言ってるのかわかりませんでした。

なんとなーく伝わってきた気持ちを汲み取ると、日々厨房でお魚と向きあうなかで、このほうが食べやすいかな? こうしたら美味しそうに見えるかな? と店長なりの試行錯誤を繰り返しているようです。

召し上がられたお客様、いかがでしょう。店長の思いは報われているでしょうか。

 

f:id:nankokufugetsu:20160112145709j:plain

見た目にもシンプルな塩たたき。重ねたみょうがを尻尾に見立てて、あら小粋。

 

f:id:nankokufugetsu:20160112145810j:plain

高知の美味い魚といえばさばも外せません。

わたしの地元福岡もさばの生食が一般的で、刺身をすりごまと一緒に九州の甘いお醤油とみりんでヅケたものがおふくろの味だったりするのですが、高知のさばも本当においしいですね。食べて思わずなつかしくなるような…… ウッ、オガーチャーン!

 

f:id:nankokufugetsu:20160112145840j:plain

高知らしく、薬味をワサッと盛ったたたきでもグー。

 

f:id:nankokufugetsu:20160112142003j:plain

皮目をあぶった黒むつと、こう貝もお刺身で。

 

 

今回掲載のお料理 ※ 仕入れにより価格変更、ご用意できない場合もございます。

『そいめばる刺身』980円

『きつねめばる刺身』680円

『たちうお刺身』680円

『すまがつお刺身』一人前880円(写真は二人前)

『すまがつおのたたき、塩たたき』680、880円(仕入れ値により)

『さば刺身』680円

『さばのたたき』680円

『黒むつ刺身』680円

『こう貝刺身』480円