読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国生まれの居酒屋 風月のブログ

高知県南国市大そね甲1563-9 1F ご予約:088-864-5780

風月の生け簀から冬の活魚ご紹介

f:id:nankokufugetsu:20170213150044j:plain

黒潮が誇る冬の味覚といえば「くえ」。クエを食ったら他の魚は食えん!とまで言われる高級魚です。風月のお客様にもファンが多いお魚ですが、過去にはこんなプチうんちくの記事も書きました。

f:id:nankokufugetsu:20170213150045j:plain

ぎっしり身が詰まった巨大えがにの爪は、硬くて分厚い殻をハンマーで叩き割って調理します。幻の高級食材えがに、風月で見かけたらぜひ食べてって!

f:id:nankokufugetsu:20170213150053j:plain

だんだら鹿の子模様の鹿の子伊勢海老は、通常の伊勢海老よりも南方の海の出身。見た目は多少違いますが、味はほぼ同じです。

 

f:id:nankokufugetsu:20170213150052j:plain

南と〜北の〜海の幸が〜、風月で〜、出会った〜(ウルルン滞在記風)

南のもんぱえび、あさひがに、赤足えび、ぞうりえび。北の松川かれい、石がれい。違う方言の魚介語で自己紹介をしているところかもしれません。

 

f:id:nankokufugetsu:20170213150051j:plain

おじゃる丸でおなじみ、平安貴族が手に持つ「しゃく」は元々「こつ」と呼ばれていたそうですが、その「こつ」に形が似ているということで「こち」と名付けられました。

というのは由来のひとつで、実際は諸説あるようです。いずれにせよ、昔々から日本の食文化に根付いていたことは間違いない、由緒正しく美味しいお魚の「まごち」さんです。

 

f:id:nankokufugetsu:20170213150050j:plain

海水入りのバルーンに入って北海道からはるばる南国土佐までやってまいりました、貴重な活の「ほっけ」です。開いても干してもないほっけを見るのは、南の方の人間にとっては珍しい体験ですね。そして傍らで無造作にころがっているアワビたち。

 

f:id:nankokufugetsu:20170213150048j:plain

(左)ひょっとこ顔のかわはぎ! いぶし銀のこうろう! うちわに似ているうちわえび! の、下に隠れているひらめ。

(右)エキゾチックな見た目のあさひがに軍団

 

f:id:nankokufugetsu:20170213150049j:plain

いろいろ映っておりますが、各写真で一番数の多いものを代表としてご紹介しますと、(左)わたりがに(中)うしえび(右)ゾウリエビ となっております。

 

f:id:nankokufugetsu:20170213150047j:plain

(左)赤足エビ 他、(右)一番手前の「もんぱえび」、それよりやや小ぶりなのが「ぞうりえび」、右手中ほどでヒレを広げているのが「赤はた」です。

 

f:id:nankokufugetsu:20170213150046j:plain

最後はごちゃっと一気にご紹介。えがに、にしきえび、しまいしがに、もんぱえび、もんつきいしがに、ぞうりえび、タイワンガザミ!

 

※ 仕入れにより価格変更、ご用意できない場合もございます。表示価格はすべて消費税込です。