読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国生まれの居酒屋 風月のブログ

高知県南国市大そね甲1563-9 1F ご予約:088-864-5780

冬の海の幸が続々、ゆかたはた、松川かれい、若松葉、さばにめしいかにオジサンも!

f:id:nankokufugetsu:20170221221357j:plain

土佐ではめったにあがらないユカタハタ。草間彌生デザインというか、いかにも熱帯然とした見た目ですが、美味で名高いハタ科の魚なのでお味はなかなか。ぎゅっと締まった食感が楽しめます。

活きちゅうぜよ!ゆかたはた刺身 980円

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221407j:plain

漁期もそろそろ佳境の山陰の松葉ガニを塩ゆでで。魚介の代表的な旨味成分であるグルタミン酸は茹でるとその多くが流れ出てしまうのですが、代わりにアデニル酸という旨味物質が20倍ほどに増え、かつ生ガニや焼きガニよりもジューシーな食感になるので、ゆでガニはとっても甘く美味しく感じるのだそうです。(ためしてガッテン情報)

若松葉蟹塩ゆで 1580円

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221408j:plain

カジキのなかのカジキ、カジキの王様真かじきの刺身。この冬は松方弘樹氏を偲んで日本酒でしっぽり、いかがでしょう。

真かじき刺身 1280円

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221401j:plain

こちらは松方ならぬマツカワガレイ。松の樹皮のように硬くザラザラしたウロコからその名がついたと言われていますが、その下の白身は絶品!北海道から海水入りのバルーンに入ってやってきた、北の高級魚です。

活きちゅうぜよ! 北海道 松川かれい刺身 980円

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221356j:plain

このイシガレイくんも海水バルーンに入って活きたまま高知に上陸しました。こちらの市場ではほとんど取り扱いのないお魚なので、高知でイシガレイが食べられるのは風月だけかもしれません。たっぷり詰まった肝はそのまま食べてよし、醤油で溶いた肝醤油を刺身につけるもよし。

活きちゅうぜよ! 北海道 石がれい刺身 一人前 980円(写真は二人前)

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221405j:plain

風月ではすっかりおなじみの神経締めさば。鮮度抜群、脂が乗ったごりっごりの歯ごたえを一度味わうと、他のさばでは納得できなくなってしまうとか?

活きちゅうぜよ! 吉川の漁師がこだわるゴマサバ刺身 980円

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221406j:plain

土地の魚はもちろん、全国のうまい魚介を風月で、が店長のモットーであります。こちらは北のうまいタコと土佐のヒラスズキの白い刺身盛り。ブツッと歯切れ良い吸盤、脂が乗った冬のひらすずきをご賞味あれ!

北海道 水たこ刺身 980円
活きちゅうぜよ! 吉川の漁師がこだわる寒ひらすずき刺身 980円

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221404j:plain

むっちりぷちぷち不思議な卵の食感が楽しい土佐名物、めしいか。生で食べられるような旬の時期はとても短いので、ぜひこの機会に!

めしいか刺身 780円

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221403j:plain

おひげが立派なオジサン。ならばメスはオバサンになるのかというと、もちろんそんなことはなく、オジサンはオジサンのまま、刺身が抜群の白身魚です。

活きちゅうぜよ! おじさん刺身 980円

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221402j:plain

高知らしい食材のうつぼは丈夫な皮目を炙ってたたきにすると、香ばしくふっくらとした食感でうまいのです。

うつぼたたき 980円

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221358j:plain

太刀魚も皮が硬いのでたたきにします。一匹丸ごとのながーいお造りは大迫力! ご宴会の席に持っていくと、いつもワッと歓声が上がります。

太刀魚たたき 5000円コースの一部

 

f:id:nankokufugetsu:20170221221400j:plain

味の良い赤ハタは活のままお刺身に!冒頭のユカタハタと比べるとかなり常識的な見た目です。

赤はた刺身 980円

 

仕入れにより価格変更、ご用意できない場合もございます。表示価格はすべて消費税込です。