読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国生まれの居酒屋 風月のブログ

高知県南国市大そね甲1563-9 1F ご予約:088-864-5780

貝のお料理集(おまけ編)& 入荷情報

f:id:nankokufugetsu:20160213185453j:plain

「たいらぎ」という貝をご存知でしょうか。

店長いわく高知ではあまり馴染みがないそうですが、有明海に面する福岡県南部出身の私にとっては、よく見知った海産物のひとつです。

クリーム色の貝柱を薄切りにして生のまま、あるいは網で炙ってほんのすこしお醤油をつければ、プツプツした歯ごたえと強すぎる旨味で舌が切れそうなくらい美味しかったのをはっきりと覚えています。

美味しかったと過去形で書いたのは、こどものころ当たり前のように食べていたこの貝がいまや有明海からほぼ姿を消し(食用に耐えうるほど成長できず)、主な生産地の座を他に譲ってしまったことを今ごろになって知ったからです。

そういえばいつの頃からか帰省した折に出されるのは、同じたいらぎでも長崎屋のたいらぎ最中ばかりだったな…… と思い至りました。

(ご当地ネタ、失礼しました)(私は抹茶あんの方が好きです)

 

f:id:nankokufugetsu:20160213185521j:plain

というわけで、こちらは鹿児島育ちのたいらぎ貝。成長すれば体長30センチを超える大きな殻の、尖ったほうを海底に突き刺すようにして生息しております。

木目じみた模様がまるで割れた松かさのようでもありますね。

 

f:id:nankokufugetsu:20160213185553j:plain

飲み放題付きご宴会お一人様5000円コースのお刺身に、大判のひらめ、板金目、たいらぎ貝を盛り込みました。また、別盛りでかつおの刺身、たたき、真かじき刺も。

 

f:id:nankokufugetsu:20160213185604j:plain

こちらも5000円コースから。板金目、ひらめ、たいらぎ貝の盛り合わせ。

 

f:id:nankokufugetsu:20160213224820j:plain

こちらは高知らしい食材、チャンバラ貝。飲兵衛の定番のアテですね。

 

f:id:nankokufugetsu:20160213225321j:plain

パカッと割れて食べやすいマテ貝の酒蒸し。つるりつるりといくらでも食べられそう。

 

f:id:nankokufugetsu:20160213224903j:plain

オスのホタテの稚貝を味噌汁で。しこたま飲んだ後の締めに最高です。

 

f:id:nankokufugetsu:20160213224937j:plain

本日の入荷情報はこちら。北海道の真つぶ貝、白バイ貝、若松葉がに。

 

f:id:nankokufugetsu:20160213225254j:plain

のどぐろ、やりいか。こうして見るとまさに槍の穂先!って感じですね。刺さりそう。

 

f:id:nankokufugetsu:20160213225143j:plain

かつお、板金目に大物の真かじき。いつか丸のまま一匹仕入れてみたいものです。

 

f:id:nankokufugetsu:20160213225201j:plain

サヨリちゃん達もアゴを長くして皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

今回掲載のお料理 ※ 仕入れにより価格変更、ご用意できない場合もございます。

『たいらぎ貝姿盛り』一人前880円(写真は三人前)

『マテ貝の酒蒸し』580円

『ホタテの稚貝の味噌汁』一人前380円(写真は三人前)