読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国生まれの居酒屋 風月のブログ

高知県南国市大そね甲1563-9 1F ご予約:088-864-5780

ほうぼう、寒ぐれ、牡蠣に土佐鴨、最終盤の冬の旬を味わうなら今!

自慢の海鮮 高知のお肉

f:id:nankokufugetsu:20170303152306j:plain

「ほうぼう」の語源には有力なふたつの説がありまして、ひとつは強靭な鳴き袋(浮き袋)が立てるグーグーという音からとったとする擬音語説、もうひとつはこの立派な胸びれを使って海底を這い進む姿を表した「這う魚」が転じてほうぼうとなったとする説です。

這い進む、というとなにやら泥臭いイメージですが、どっこいほうぼうは昔から上流階級の食べる高貴な食材として珍重されてきました。確かに捌いてみると透明感があって色味も美しく、口当たりは甘くて上品。自慢の胸びれもなにやらマントを翻しているようで粋じゃありませんか。

活きちゅうぜよ! ほうぼう刺身 980円

 

f:id:nankokufugetsu:20170303152305j:plain

寒い時期のかわはぎは丸々と太って肝もメタボ級! たっぷりの肝におしょうゆをつけてつるつるっと食べたら、残りは細かく溶かし込んで肝しょうゆに。これにかわはぎの刺身をつけて食べると、これがまた絶品なんです。

活きちゅうぜよ! かわはぎ刺身 1280円

 

f:id:nankokufugetsu:20170303152308j:plain

冬のぐれは臭みがなく脂のりも最高。しっかりした皮目を炙っても身のほうは固くなりにくいので、たたきにして食べるには最適なお魚です。

活きちゅうぜよ! 寒ぐれ塩たたき 980円

 

f:id:nankokufugetsu:20170303152302j:plain

磯の香りが立って、とっても甘いホッキ貝! 高知ではあまり馴染みのない貝ですが、とってもおいしいので見かけたらぜひトライしてみてくださいね。

北海道育ち ホッキ貝刺身 780円

 

f:id:nankokufugetsu:20170303152303j:plain

土佐名物、うつぼのたたきは寿司にしても美味いんです。しっかりした弾力のある歯ごたえ、炙った皮目の香ばしさを楽しんで。

ウツボにぎり寿司 (2貫)330円

 

f:id:nankokufugetsu:20170303152307j:plain

口の中なかでホクホクほどけるまぐろのハランボ。最高の酒のアテです。

まぐろハランボ炙り焼き 580円

 

f:id:nankokufugetsu:20170303152304j:plain

塩気たっぷりの沖縄ベーコンの脂がジャガイモに染み込んだ、スタミナ満点の一品。ジャーマンだけあってビールが進むこと請け合いです。

厚切り沖縄ベーコンのジャーマンポテト 680円

 

f:id:nankokufugetsu:20170303152301j:plain

殻付きの生牡蠣をフライにして、玉子たっぷりの自家製タルタルソースをのっけました。ひとくち齧ればアツアツじゅわ〜っと牡蠣のエキスがあふれだし、もったりした玉子タルタルと中濃ソースの酸味が口の中で渾然一体となる様はもはや罪。

牡蠣フライタルタル 480円

 

f:id:nankokufugetsu:20170303152309j:plain

食材の宝庫、高知が誇る土佐鴨が京ネギ背負って鉄板の上に! 酒はまだかー!

土佐鴨 もも肉と京ネギの鉄板焼き 980円

 

 仕入れにより価格変更、ご用意できない場合もございます。表示価格はすべて消費税込です。