読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国生まれの居酒屋 風月のブログ

高知県南国市大そね甲1563-9 1F ご予約:088-864-5780

貝のお料理集(前編)

土佐の珍味 自慢の海鮮

f:id:nankokufugetsu:20160201233605j:plain

まずは高知らしい食材から。つるつるとまるくなめらかで、おはじきのような形をしたこちらの貝は「まいご」。関東では「ながらみ」と呼ばれているそうです。

 

f:id:nankokufugetsu:20160201233635j:plain

濃厚なホタテのような味わいが魅力の「長太郎貝」。この写真ではわからないのが残念ですが、赤や黄色、オレンジ、紫など色とりどりの殻が実に美しい貝です。

その雅な見た目にふさわしく、県外ではもっぱら緋扇貝(ひおうぎがい)と呼ばれているそうです。

 

f:id:nankokufugetsu:20160201233656j:plain

よだれが出るほど美味い、またはよだれのような粘液を分泌しているから、という名の由来が伝えられている「よだれ貝」。

 

f:id:nankokufugetsu:20160201233658j:plain

アワビよりだいぶ小ぶりですが、アワビよりやわらかくて貝の旨味を感じやすい「ながれこ」。県外でいう「とこぶし」ですね。

煮ても硬くなりにくく、個人的にも大好きな貝のひとつです。

 

f:id:nankokufugetsu:20160201234935j:plain 

こちらは「沖さざえ」の煮付け。またの名を「都ぼら貝」といいます。

 

f:id:nankokufugetsu:20160201233657j:plain

殻の内側にある美しい真珠色の層を、古くから螺鈿(らでん)細工などの装飾に利用されてきた夜行貝。サザエの仲間らしく、コリコリと歯に心地いい食感です。

 

f:id:nankokufugetsu:20160201233713j:plain

そしてこちらは皆さまご存知の高級食材「あわび」のお刺身。肉厚の身は甘く、しっかりとした歯ごたえが楽しめます。

 

f:id:nankokufugetsu:20160201233714j:plain

これも甘みがあって食感のいい「白ばい貝」。のどぐろの肝を溶かした肝しょうゆをつければ、これがまたコクが増して美味いのです。

 

今回掲載のお料理 ※ 仕入れにより価格変更、ご用意できない場合もございます。

『よだれ貝(塩茹で)』380円

『焼き長太郎貝』480円

『まいご(塩茹で)』380円

『ながれこ煮付け』480円

『沖さざえ煮付け』480円

夜光貝刺身』2000円

『あわび刺身』(小)980円

『白ばい貝刺身』680円

『のどぐろ刺身(肝しょうゆ)』980円